注文住宅の様々な作り方や構造を紹介します


どのような構造で作るか

注文住宅を作る際には、どのような材料で建築するかを決めます。例えば木造や鉄骨、鉄筋コンクリートなど様々あります。鉄骨でも重量鉄骨や軽量鉄骨などに分かれます。鉄筋コンクリートでも鉄骨をまぜた、鉄骨鉄筋コンクリート造りという方法もあります。低コストで建てたいのであれば木造が適しています。木造であれば坪単価40万円ほどから作れる工務店もあります。ただし資材の価格が上昇しているのであれば、坪単価も変わってきます。鉄骨でも軽量鉄骨であれば、木造と同じコストで作ることも可能です。重量鉄骨や鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造りの場合にはコストが跳ね上がります。さらに建築期間も長くなることを念頭に入れておきましょう。

木造の二つの工法とは?

木造住宅の場合には、二つの作り方があります。一つ目は「在来工法」という方法です。もう一つは「ツーバイフォー工法」と呼ばれるものです。在来工法は簡単に言うと、家を木の柱で支える方法であり、別の言い方をすると家を「線」で支える工法といえます。一方でツーバイフォー工法は壁などの「面」で支える方法と言えます。どちらの工法でも地震に強く作られているため、頑丈な家を建てることが出来ます。ただし木造住宅の場合には、家が古くなるにしたがって、上階からの騒音が響くこともありまう。したがって騒音が気になるようであれば、鉄筋コンクリート造りのような、音が比較的階下に響かないような構造で作るとよいかもしれません。

ガレージハウスを設けることで、悪天候の時でも車の乗り降りがスムーズにできます。また、盗難やいたずらへのリスクも低くなるのがメリットです。

Previous post 暮らしやすさを大きく左右する条件!?立地条件と周辺環境を調べよう